花粉症の内服薬

花粉症の内服薬

体内に花粉が入ると肥満細胞という細胞に作用して、ヒスタミンやロイコトリエン等の化学伝達物質を放出させます。 これらが鼻の血管を刺激したりするために、花粉症の症状が引き起こされます。 内服薬は、これらの肥満細胞から放出された化学伝達物質を押さえ込むことで、花粉症の症状を緩和してくれます。

 

クシャミ、鼻水に即効性のある内服薬「ポララミン」「タベジール」「レスタミン」等は、眠気、喉の渇きが出やすいです。 消化器症状の副作用が現れることもあります。 前立腺肥大の方や、一部の緑内障の方には使えません。

 

即効性はないが眠気、喉が渇きにくい内服薬「エバステル」「ジルテック」「アレロック」「クラリチン」等は、充分な効果が現れるまでに約2週間ほど時間が必要なので、シーズン初期から服用する必要があります。

 

内服薬抗アレルギー薬(塩基性)「アゼプチン」「アレジオン」「セルテクト」「アレグラ」「ザジテン」等は、抗ヒスタミン作用を持つため眠気が出やすいです。 また、上記内服薬と同様で、症状への即効性なく、充分な効果が現れるまでに約2週間ほど時間が必要なので、シーズン初期から服用する必要があります。

 

花粉以外に喘息にも用いられる内服薬「ソルファ」「アレギサール」「リザベン」等は、鼻炎に投与する場合、飲み合わせの悪い薬があるので注意が必要です。 「リザベン」「アレギサール」は、催奇形性があるため、妊婦は服用出来ません。

 

鼻詰まりに有効な内服薬「ロイコトリエン受容体拮抗薬」は、上記内服薬と同様で、症状への即効性なく、充分な効果が現れるまでに約2週間ほど時間が必要なので、シーズン初期から服用する必要があります。

 

簡単ではありますが、いくつかある内服薬の特徴と副作用等を紹介させて頂きました。

関連ページ

花粉症の症状と対策
花粉症を代表するという症状といえば、鼻水、鼻つまりなどの鼻の症状ですね。この症状を防ぐには、まず鼻に花粉が侵入することをふせぐこと。
花粉症の目のかゆみ対策
花粉症の季節になると、どうしても目のかゆみや充血、なみだ目という症状で苦しむという人も多いでしょう。
花粉症の鼻づまり対策
花粉症で悩まされる症状の一つに鼻づまりには、一番手っ取り早い方法は点鼻薬を使うことでしょう。即効性では一番ですね。
花粉症の鼻水対策
花粉症の代表的な症状として上がるのが鼻水ですね。一番簡単なのは、抗ヒスタミン剤の服用。ただしかなり眠くなりますね。
花粉症の涙目対策
本当に花粉症で涙目になってしまうので困ったものです。ただ、涙目になるという症状が本当に花粉症かどうかということはしっかりと確認をしておきましょう。
花粉症の鼻詰まりの原因「ロイコトリエン」
花粉症の症状として過剰反応を示すことで有名なのが、化学物質伝達物質である「ロイコトリエン」です。ロイコトリエンは血管を刺激して花粉症の症状「鼻詰まり」を引き起こします。
花粉の刺激によって肥満細胞がヒスタミンを放出してしまう?
肥満細胞からヒスタミンが出る花粉症は、医学的には「季節性アレルギー性鼻炎」と言われています。
アレルギー性結膜炎の種類と対策
アレルギー原因物質になるものは、ダニ、カビなどのハウスダスト、花粉など様々です。 この原因物質が結膜に付着し、結膜で抗体による過剰な免疫反応であるアレルギー症状が出て、炎症を起こすこと。これがアレルギー性結膜炎の原因になります。
アレルギー性鼻炎の対策
アレルゲンを吸い込むことを繰り返すうちに、だんだんと、免疫系の反応が激しくなり、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどとのアレルギー性鼻炎独特の症状が発生します
ステロイド注射は効果あっても危険も多い
ステロイド注射を行いますと、そのステロイドの血中濃度が一定水準の間は、アレルギーに対する効果は持続します。ただし、効果は即効性があり、アレルギー反応は抑制されることになるのですが……
花粉と膀胱炎の関係
花粉症の季節になりますと、非常に困るのが鼻の症状ですね。中にはくしゃみが止まらないという非常に苦しい症状が出る方がいます。 この症状と合わせて、女性の方が非常になりやすいといわれている膀胱炎を併発しておりますと、くしゃみの拍子に尿漏れなどの症状に悩まされるという二重の苦しみを味わいます。
花粉症対策アレルシャットの評判は?
アレルシャットを塗ることで花粉が鼻に侵入するのを防ぎ、症状を緩和または予防することが出来るのです。他にもダニの糞や死骸、ホコリ、猫や犬の毛などを吸い込まないようにする効果もあるので花粉症でない人や子供にも良いのではないでしょうか。