鼻炎にポリフェノールサプリが効く

鼻炎にポリフェノールサプリが効く

ポリフェノールの種類である植物色素に多く含まれるフラボノイド。大豆に含まれるイソフラボン、ブルベリーなどに含まれるアントシアニン、お茶に含まれるカテキンなどが代表的なものです。

 

これらのポリフェノールは、強い抗酸化作用をもっていますので、鼻粘膜の炎症を抑え、花粉症などによるアレルギー性鼻炎に効くといわれています。市販薬の抗ヒスタミン剤が眠くなる副作用を持つことに対し、これらのポリフェノール成分が含まれたサプリメントは眠くなるなどの副作用がありません。

 

また、特にアレルギー性鼻炎に効くといわれているポリフェノールを多く含むものは、甜茶エキスなどを抽出して作られたサプリメントでしょう。甜茶エキスによって作られたサプリメントには、鼻炎に効くといわれる甜茶由来のポリフェノールが多く含まれています。

 

これは、鼻炎の原因となっているアレルギー反応。特に鼻粘膜の炎症の直接の原因となるヒスタミンの過剰な分泌を抑えていきます。逆言えば、それまでに出てしまったヒスタミンに対しては作用しませんので、即効性の面では一歩ゆずる形になります。

 

ただ、このようなサプリメントを飲み続けることにより、アレルギー反応で生成されるヒスタミン分泌を抑えます。一定期間のみ続けることで、鼻炎に効くことは間違いはありません。
ただし、その効果は、人により様々ですので、自分にあったサプリメントを服用していくことが肝心です。インターネットの情報などを活用したり、口コミ情報を参考にして探してみるのがいいと思います。

関連ページ

花粉症サプリメントを使って
花粉症の発症を抑えたり、あるいは発症しても軽くしてくれるサプリメントもいろいろ種類があります。
DHAで眠気無縁の花粉症対策
辛い花粉症にはDHAドコサヘキサエン酸がいいのです。DHAは対処療法で花粉症を治そうというわけでもありません。
ヨーグルトで花粉症対策
何故ヨーグルトは花粉症に効くのでしょうか? 花粉症はアレルギー反応の症状のため、体の中の腸の働きが良くない場合が多いとされています。 そのため、ヨーグルトに入っている乳酸菌の効果により腸の働きを正常にし、花粉症のアレルギーにも効果があるということになるのです。
花粉症対策サプリ
サプリは薬のように即効性が期待出来ないので、花粉症のアレルギー症状が発症する前から使用することをオススメします。 花粉症のアレルギー症状が発症してからでも体質を改善してくれますが、1ヶ月前、あるいは常にサプリを摂る方が効果的です。
花粉症に効果のある薬としてのハーブ
花粉症に効果のある薬として「ハーブ」が注目されていることをご存知でしょうか? 花粉症に効果のある薬としてのハーブで有名なのが「ネトル」というハーブです。
花粉症対策にポリフェノール
花粉症対策の機能性食品を良く見て下さい。 「ポリフェノール」というものの一種が多いことに気が付くと思います。 ポリフェノールと言えばダイエット食品やサプリメント等にも加工され人気がありますよね。
花粉症による鼻水でお困りの方には保湿ティッシュがオススメ
花粉症の方の必需品ですが、忘れてはいけないものがあります。 それは「ティッシュ」です。
ミツバチが集めるプロポリスとは?
プロポリスの働きとして細胞膜の強化、細胞の活動を活発にする、活性酸素を除去する、そして抗アレルギー作用などがあります。
花粉症に効果的?!アロマ法
アロマはリラックス効果とともに、花粉症対策としても効果があるということを知っていましたか?
麦門冬
日本を含む東アジアの森林に広く分布し、良く植え込みに用いられているユリ科の常緑多年草「蛇の髭(じゃのひげ)」。 蛇の髭の根はところどころ太く紡錘形になっていて、これを乾燥させたものを「麦門冬(ばくもんどう)」と呼びます。
アトピーに効くといわれる甜茶、口コミ情報も参考に
口コミでも甜茶がアトピーに効果があるという話が多くあります。基本的に全身反応であるアレルギーの仕組みはアトピーも花粉症も基本的なところでは同じです。
イチョウ葉エキスについて
アレルギーとの関係で、イチョウ葉エキスの効果を考えたときに、効果的といえる成分はなんといってもフラボノイドです。
花粉症にはポリフェノールを含む赤ワインはいかが
アルコールを嗜む方などは、赤ワインなどで、ポリフェノールを補給して、花粉症の症状を改善してくのがいいのではないでしょうか。
花粉症に効くヨーグルトの種類
花粉症に効果が高いといわれる乳酸菌はL-92株という種類の乳酸菌です。目のかゆみ、鼻粘膜の炎症などに対し、緩和作用があることが、臨床実験でも確認されています。
花粉症に効く甜茶の効果について
甜茶が何故花粉症に効果があるのか?
花粉症には乳酸菌とポリフェノールの合わせ技
花粉症シーズンに入る前から、ポリフェノールと乳酸菌を摂取して、花粉症に強い体を作っておくというのは予防という面から見ても有効であると思えます。