夏の花粉症でしょうか、風邪でしょうか

夏の花粉症でしょうか、風邪でしょうか

春の花粉症はどちらかと言うと、季節的に乾燥していて風が吹く日が多いです。その為、花粉が風に乗って飛びやすいと言うこともあります。ですから、一気に大量飛散で大勢の人が症状に悩まされます。

 

一方で夏の花粉症は、梅雨の前後であったり、夕立等割合に湿度が高い(北海道は除く)こともあり、花粉が飛散しにくい状態にあるので、気にならない人が多いようです。ただ種類的には、夏のほうが多いです。代表的なものに、イネ、テンサイ、キョウチクトウ。ヒメガマ、カモガヤ、オオアワガエリ、イチゴ などがあります。

 

夏の花粉症対策があまり取り上げられないのは、この時期に夏風邪が流行ることもあります。花粉症と夏風邪の症状が似ていて、区別が付きにくいこともあります。

 

毎年同じ季節に風邪気味と言う方は、一度花粉症の検査をしてみると良いと思います。特にイチゴはシラカバ花粉症とアレルゲンがよく似ていますから、シラカバ花粉症の方は注意が必要です。
またキョウチクトウですが、花粉も含めてキョウチクトウそのものに毒性があります。ですから、花粉症の原因だからと言って素手で処理しようとせずに、十分注意をして処理してください。

 

夏場の花粉症対策としては、殆ど春と同じです。ただ暑いので、あまり快適ではないと思います。少なくとも吸湿性や発汗性の良い服装を心がけてください。また免疫力が落ちていると、花粉症の症状が悪化するとも言われています。暑さで体力が消耗して、夏バテになると、花粉症の症状も酷くなりますから、体調には十分に注意してください。

関連ページ

冬は花粉症を考えるのは
花粉症の方にとって、冬は安心できる時でしょうか? 冬だから花粉症は関係ないと油断をしないことをお勧めします。
春の花粉症は
花粉症と言えば、春、スギ花粉はいつ頃から飛び始めるのでしょうか?本州でスギ花粉に続いて飛散し始めるのはヒノキ花粉です。
夏の花粉症
夏には夏の花粉症があります。夏の花粉症の原因として、もっとも知られるのがイネ科です。夏の花粉症の場合は夏風邪のような症状が多いのが特徴です。
秋の花粉症
秋の花粉症で有名なのは何といってもブタクサです。秋の花粉症は、夏の疲れが出て体調を崩しやすい時期で、症状が重くなってしまうこともあるようですから、気をつけておきたいですね。
日照量と花粉の関係
花粉が飛散する量は、前年度の7月〜8月の日照量によって推定予測されており、日照量と花粉の因果関係は認められているのです。
DHAとは
DHAはEPAと総称してオメガ3と呼ばれています。 DHAは、不飽和脂肪酸のひとつで魚油に多く含まれています。DHAは必須脂肪酸です。
花粉症の季節について
花粉症は夏であっても、秋であっても冬であっても発生する可能性のあるものです。
花粉症の時期は地域の植生によって違います
花粉症の時期は、その住んでいる植生や、その年の気温などによって、飛散する花粉が変化します。一概にこの時期だから、この花粉症ではないかという決め付けず、アレルギー検査など、お近くの医療機関でしっかりした検査をすることが大切です。