秋の花粉症

秋の花粉症

秋の花粉症は、夏の疲れが出て体調を崩しやすい時期で、症状が重くなってしまうこともあるようですから、気をつけておきたいですね。

 

 

秋の花粉症で有名なのは何といってもブタクサです。ブタクサによる花粉症患者はスギ花粉症についで多いことで知られて、秋になると気が重くなる方もいるのではないでしょうか。

 

ブタクサは9月前後に花が咲き、繁殖力も強く、野原から路上や自宅の庭まで土があればどこでもはびこります。オオブタクサの場合は成長すると2mを軽く超え、花粉も大量に放出しますから注意が必要になります。

 

花粉症ではヨモギも問題となりますが、ブタクサの方が抗原性が高く、アレルギー症状が出やすいとされます。

 

ただ、ブタクサの花粉はあまり広く飛ばないので、ブタクサに近寄らないことが花粉症対策としては効果的な方法になるでしょう。

 

また花粉症が起こらないように、蕾を付ける前に付近のブタクサを除草しておけば、かなり花粉と触れることを避けられます。

 

 

それから、ヨモギは9月から11月の間に咲き、日本中どこにでも自生していますが花粉症の原因になります。薬草でもあるもののヨモギで花粉症になる方は比較的多いようです。

 

 

秋に黄色い花を咲かすセイタカアワダチソウも一時、気管支喘息の原因とされたこともあり、花粉症の原因とされました。全国的に駆除されてきましたが、現在では花粉症の原因植物ではないとする説が一般的です。

 

 

秋の花粉症には他にもつる性植物のカナムグラが原因植物です。

 

 

秋をうまくやり過ごせば、花粉があまりない冬が来ます。

 

秋の花粉症に心当たりがあるのなら、くれぐれも対策を忘れずに、治療など症状に合わせた手当てを行って、花粉症トラブルはその年の内に解決するようにしておきましょう。

関連ページ

冬は花粉症を考えるのは
花粉症の方にとって、冬は安心できる時でしょうか? 冬だから花粉症は関係ないと油断をしないことをお勧めします。
春の花粉症は
花粉症と言えば、春、スギ花粉はいつ頃から飛び始めるのでしょうか?本州でスギ花粉に続いて飛散し始めるのはヒノキ花粉です。
夏の花粉症
夏には夏の花粉症があります。夏の花粉症の原因として、もっとも知られるのがイネ科です。夏の花粉症の場合は夏風邪のような症状が多いのが特徴です。
日照量と花粉の関係
花粉が飛散する量は、前年度の7月〜8月の日照量によって推定予測されており、日照量と花粉の因果関係は認められているのです。
夏の花粉症でしょうか、風邪でしょうか
夏の花粉症は、種類的には多いです。代表的なものに、イネ、テンサイ、キョウチクトウ。ヒメガマ、カモガヤ、オオアワガエリ、イチゴ などがあります。
DHAとは
DHAはEPAと総称してオメガ3と呼ばれています。 DHAは、不飽和脂肪酸のひとつで魚油に多く含まれています。DHAは必須脂肪酸です。
花粉症の季節について
花粉症は夏であっても、秋であっても冬であっても発生する可能性のあるものです。
花粉症の時期は地域の植生によって違います
花粉症の時期は、その住んでいる植生や、その年の気温などによって、飛散する花粉が変化します。一概にこの時期だから、この花粉症ではないかという決め付けず、アレルギー検査など、お近くの医療機関でしっかりした検査をすることが大切です。