春の花粉症は

春の花粉症は

花粉症と言えば、春、それもスギ花粉症が代名詞といえますね。
スギ花粉症のある春が近づくと花粉症が始まる季節だとしてうっとうしい気持ちになる方も多いでしょう。

 

スギ花粉はいつ頃から飛び始めるのでしょうか?
始めは、九州・四国が2月の上旬に始め、関東では2月下旬、東北地方では3月に入ってから花粉が飛び始まります。

 

どの地域でも5月末頃まで花粉の飛散が続きますから、スギ花粉症患者にとっては辛い季節となります。

 

スギ花粉による花粉症患者がだいたい80%を占めると言われますから、TVなどの花粉情報もスギ花粉に重点を置かれています。

 

スギは家具の材料などに広い利用法があり、多くの森林で計画的に植樹されているのがスギです。ですから北は東北から南は鹿児島まで広い地域で植えられたこともスギ花粉症患者が多い理由のひとつです。

 

花粉症を避けるためにスギの木がない北海道や沖縄に移り住む方も少なからずいます。スギ花粉症の症状は重症化しやすいことでも知られています。

 

 

 

しかし春は花を咲かせて、花粉もたっぷり漂いますから、花粉症の原因になる植物は他にもいっぱいあります。

 

 

暦の上で春になったばかりの2月は、本州でスギ花粉に続いて飛散し始めるのはヒノキ花粉です。ヒノキ花粉は特に3月〜5月が主な飛散時期で、ヒノキ花粉症患者の約70%の方がスギ花粉症患者にもなり、合わしてスギ・ヒノキ花粉症ともいわれています。

 

 

また北海道ではスギ花粉がほとんどないけれど、ハンノキ花粉症が3月上旬から5月の上旬までが飛散時期です。

 

ハンノキ花粉症に続いて、北海道ではシラカンバ(シラカバ)花粉症があります。主に北海道ではシラカンバは4月〜6月までが飛散時期で、ハンノキ・シラカンバ花粉症は共に、果物過敏症を併発する患者が多いのが特徴です。

 

 

他には、3月に入ると、ヒノキ、スズメノテッポウによる花粉症、4月になるとシラカバやケヤキ、ハルガヤ、コナラ、ハルジオンが原因の花粉症になります。

 

 

花粉症の方は、花粉症の季節である春が来る前に対策を整えていくておきましょう。
とくにスギ花粉は花粉情報なども整備されつつありますから、頻繁にチェックすることは花粉症対策にはとても大切ですね。

関連ページ

冬は花粉症を考えるのは
花粉症の方にとって、冬は安心できる時でしょうか? 冬だから花粉症は関係ないと油断をしないことをお勧めします。
夏の花粉症
夏には夏の花粉症があります。夏の花粉症の原因として、もっとも知られるのがイネ科です。夏の花粉症の場合は夏風邪のような症状が多いのが特徴です。
秋の花粉症
秋の花粉症で有名なのは何といってもブタクサです。秋の花粉症は、夏の疲れが出て体調を崩しやすい時期で、症状が重くなってしまうこともあるようですから、気をつけておきたいですね。
日照量と花粉の関係
花粉が飛散する量は、前年度の7月〜8月の日照量によって推定予測されており、日照量と花粉の因果関係は認められているのです。
夏の花粉症でしょうか、風邪でしょうか
夏の花粉症は、種類的には多いです。代表的なものに、イネ、テンサイ、キョウチクトウ。ヒメガマ、カモガヤ、オオアワガエリ、イチゴ などがあります。
DHAとは
DHAはEPAと総称してオメガ3と呼ばれています。 DHAは、不飽和脂肪酸のひとつで魚油に多く含まれています。DHAは必須脂肪酸です。
花粉症の季節について
花粉症は夏であっても、秋であっても冬であっても発生する可能性のあるものです。
花粉症の時期は地域の植生によって違います
花粉症の時期は、その住んでいる植生や、その年の気温などによって、飛散する花粉が変化します。一概にこの時期だから、この花粉症ではないかという決め付けず、アレルギー検査など、お近くの医療機関でしっかりした検査をすることが大切です。