花粉症を退治した3重の花粉シャットアウト

花粉症を退治した3重の花粉シャットアウト

花粉は2012年は例年と同じくらいの散布量ですから、花粉症も最大ではないけれど、いつものように苦しめられる人も多いと思います。レーザー手術をしたり、減感作療法など本格的な予防をした人はいいけれど、なかなかそこまでできませんね。お金も、保険が適用されていますが、それでもけっこうかかります。

 

私は、前はかっこうは気にしないで本格的にゴーグルを使いましたが、かなり効果が高いけれどやっぱり面倒で、TPOを考えると制限されます。

 

その後アレルシャットを使い始めて、かなり花粉症に有効でした。そしてヨーグルトも毎日食べて、2008年にはほぼ花粉症が全快になりました。

 

その時に書いたように、その後も大丈夫かということですが、2009年、2010年はほぼ全快です。一応、マスクはして、アレルシャットも長く外出する時は使っていましたが、ゴーグルは使わないで過ごして、大過なくでした。

 

しかし、2011年からまた花粉症が戻ってきました。それで少し苦しんだので、2012年はさらに花粉症が本格復活するのではと心配になりました。そこで、今年は3重の防御策を講じました。

 

それは、最初にマスクで花粉を防ぎ、それを鼻の穴にアレルシャットで防ぐだけでなく、タマガワのお鼻のバリアも併用したのです。2つは同じように花粉を防ぎますが、お鼻のバリアは鼻の穴の周りに塗るので、マスクの次の2段目とし、アレルシャットを穴の中の3段目としたのです。最後はヨーグルトを毎日食べていますから、それで完璧ですね。

 

 

アレルシャットが2個くらいに、お鼻のバリアが1個ですから両方で3000円くらいで1年を花粉症に苦しめられずに過ごせたのは正解だと思います。

関連ページ

花粉症になりました
ある日突然やってきた花粉症に 「この医者に行くと、一日で皆治るよ」そういう嬉しい言葉を聞きました。
ステロイド注射の効果は?
ステロイド注射一本で、99%の人はステロイド効果を数ヶ月間保ち続けるので、花粉症の症状は抑制されます。
健康管理室へ行って花粉症ですと相談をしたら
始めは、アレルギー反応を調べます。軽症なので、抗ヒスタミン薬、抗アレルギ薬のどちらか一つをくれました。それで薬で少し軽くなる程度でした
アレルシャットはかなり花粉症にききました
それまで一日に10回も20回も鼻水がでて、かんでいたけれど、アレルシャットを使いだしてから、3回程度ですから、時々という程度で済みました。
花粉症が全快しました?
花粉症がまだ発症したら、またやれば、あといくらもないのだからいいやと、開き直りました。でも、花粉症はついに発症しませんでした。
花粉症でゴーグルを使った!
ゴーグルで、目をカバーして、鼻と口をマスクでカバーしていると、かなり効果はありました。
2011年は花粉症にならないぞ!!
2010年の翌年は花粉は多くて当たり前ですが、その2011年を花粉症を発症しないで過ごせるかを試してみます
スギヒノキドリンクの効き目
飲む減感作療法「総合健康飲料スギヒノキドリンク」は、天然由来素材100%仕立てで、オリジナル製法でスギとヒノキをじっくり煮出した身体に優しい清涼飲料です。