花粉症の予防と治療

花粉症なんて、自分には関係ないと思っていました。花粉症とはアレルギーだから、過敏症の人がかかっても、自分はかかるはずがないと思っていました。それが、ある日突然やってくるのです。PS2(プレイステーション2)はご存知ですか?今はPS3が最新ですが、私が花粉症になったのは、ちょうどPS2を発売した直後の時です。何故、それがはっきり覚えているかというと、当時そのコールを受けるセンターの仕事をしていて、夜...

「花粉症は、ここで行って注射をしてもらえば、99%の人がその日に治るよ」「私なんか、帰りの電車で、もうすっきりして、全快だよ」なんて、聞くと嬉しくて、さっそくその病院に行きました。ちょっと家から遠い池袋ですから、一日会社を休んで行きました。これから何ヶ月も花粉症で、鼻水を垂らしているよりは、一日会社で有休を使って治療してもらうほうがはるかにいいと思いますね。池袋から5分ぐらいのところで、行ったらけ...

健康管理室へ行って花粉症ですと相談をしたら、まず始めは、アレルギー反応を調べます。花粉症というと、スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサぐらいを思いつきますか。確か8つのアレルゲンを調べたと思います。そのうちで1つだけ、当然スギがアレルギー反応を示しました。こちらはほっとしましたが、対応は「また、花粉症かあ」という感じで、決まりきったことをしてくれただけでした。軽症なので、抗ヒスタミン薬、抗アレルギ薬の...

「花粉症です」と健康管理室へ行こうとしたら、2005年から健康保険も予算が厳しくなってきて、もう薬をただでくれなくなったのです。「ええっ、それじゃあ、またステロイド注射を打ってもらうか」とは思いませんでした。何しろ1%ですから、効果は抗ヒスタミン薬、抗アレルギ薬よりいい程度で、とても全快にはならなかったのです。それでも、とにかく医者にみてもらうかと考えていました。そんな時に知ったのが、この薬です。...

2005年からアレルシャットを使いました。ですから、医者にはかからないで済ませました。医者が必要なほどには、花粉症が重たくなかったのです。それでも、毎日のゴーグルとマスクと、花粉を払って中に入る、洗顔をするも続けていました。しかし、2006年は甜茶を少しさぼりました。妻が、作ってくれなかったり、私が他のものを飲んだりして、2005年より半分以下ですかねえ。でも、特にそれで花粉症が重たくなることはな...

健康管理室で薬をもらって、少しは花粉症がよくなったのですが、本当はもっと全快をしたかったのです。でも、無料だせいか、健康管理室ではそれより強い薬はくれませんでした。しかたがないから、少しでも花粉症がよくなるように、工夫をしました。1.もらった薬を飲む2.家と会社へ入るとうがいをする3.家へ入ると洗顔をする4.家と会社へ入る前に、花粉をよく振るって落とす5.マスクをして外出する6.ヨーグルトを毎朝食...

2011年はスギ・ヒノキ科花粉の飛散量が2010年より5倍から10倍もあるという話ですね。2010年は、例年より半分あるいはそれ以下の地方が多かったですからわりと楽でしたね。花粉が少ない年の次の年は、花粉が多くなる傾向にありますから、2010年の翌年は多くて当たり前です。私は、10年くらい花粉症だったのですが、2010年は思いのほか軽くて、それまで自転車で通勤の時にはゴーグルを付けていたのを、それ...

花粉症対策の一つに減感作療法というものがありますが、飲む減感作療法「総合健康飲料スギヒノキドリンク」という商品をご存知でしょうか?飲む減感作療法「総合健康飲料スギヒノキドリンク」は、天然由来素材100%仕立てで、オリジナル製法でスギとヒノキをじっくり煮出した身体に優しい清涼飲料です。飲むだけで花粉症に効き目があるなんて信じられないかもしれませんが、飲む減感作療法「総合健康飲料スギヒノキドリンク」は...

花粉は2012年は例年と同じくらいの散布量ですから、花粉症も最大ではないけれど、いつものように苦しめられる人も多いと思います。レーザー手術をしたり、減感作療法など本格的な予防をした人はいいけれど、なかなかそこまでできませんね。お金も、保険が適用されていますが、それでもけっこうかかります。私は、前はかっこうは気にしないで本格的にゴーグルを使いましたが、かなり効果が高いけれどやっぱり面倒で、TPOを考...