病院で行う外科的な花粉症治療

病院で行う外科的な花粉症治療

花粉症の治療には病院において行う外科的な治療法なども数多くでてきています。レーザー照射で鼻の粘膜を軽く焼いて、鼻つまりや鼻水などの症状を緩和させるレーザー療法などは比較的有名なものですね。

 

また、レーザーではなくアルゴンガスを使った焼却治療法もあり、これは鼻水が大量に出ている場合に向いているとのことです。レーザーよりも広い範囲を焼くことができるので、治療にかかる時間も短くて済むようです。

 

また粘膜に対する外科的な治療法では電気を使用した、高周波電気凝固法というものもあります。電極を下鼻甲介という鼻つまりの原因となる部位に刺して電流を流し、腫れを引かせるという物で、鼻つまりに対してはレーザー照射などの粘膜を焼く外科的な治療よりも効果があるといわれています。

 

その他に星状神経節ブロック療法という神経の働きを麻酔で抑制し、自然治癒を高めることで花粉症に対抗するような治療法が病院によっては行われているようです。元々は他の病気の治療のため、行っていた物が、花粉症にも効果があるということで実施されるようになったものです。病院では、顔面神経痛や、極度の肩こりなどの治療にも使われている治療法です。

 

しかし、このように病院で行われる治療はあくまでも外科的な対症療法であって、根本的なアレルギー体質を改善するというものではありません。

 

また病院によって費用は異なりますし、どのような治療が適しているのかは個人症状をみた専門の医者が判断し行う物ですので、自分がこれをやりたいといっても医者の側からNOが出る可能性はあります。

 

病院などで治療をする場合は、自分の症状をよく説明し、納得のいく説明を受け、その上で治療を行っていきましょう。

関連ページ

花粉症レーザー治療とは
花粉症レーザー手術は出力の弱いレーザーを使って、鼻内の粘膜を焼却するわけです。効果が高いのは鼻づまりで、きわめて改善されます。
花粉症の治療
花粉症の治療は、薬の服用、注射、手術があります。薬は、抗ヒスタミン薬の投与、局所ステロイド投与、漢方薬があり、注射には減感作療法、ステロイド注射、プラセンタ注射があります。手術はレーザー手術です。
花粉症のDNAワクチン療法と減感作療法とは
花粉症は完治出来ないと言われますが、医学の進歩によって花粉症の治療も新たな局面に移ってきています。注目されているのが、DNAワクチン療法と減感作療法です。
花粉症にハーブとアロマ
花粉症はつらいですが、手術は怖いし、薬はあまり使いたくないなら、ハーブやアロマのように薬とは違って効果があるものはどうですか?
花粉症は西洋医学の薬と漢方
花粉症で使われる薬は、アレルギー反応を抑える効果が中心です。 漢方は予防法に近い治療法であり、アレルギーが抑えられるよう体質改善を図りますが、西洋医学の薬は坑アレルギー薬に分類される事がほとんどです。
花粉症を消し去ることは難しくない
花粉症を完全に消し去ることは決して難しいことではありません。 正しい知識とやり方さえ知っていれば…
毎年その場しのぎの花粉症対策にお金を払い続けますか?
花粉の季節が過ぎ去ぎて花粉症の症状が治まれば花粉症のことはすっかり忘れてしまいませんか?あなたが本当に求めているのは花粉症・アレルギー体質の抜本的改善法ではないですか?
花粉症に対する鼻粘膜レーザー照射治療
花粉症の症状が発生するのは鼻の粘膜ですね。鼻粘膜に対するレーザー手術で治療するという方法が最近注目を集めています。
花粉アレルギーの最終兵器DNAワクチン療法
医学は進歩しております。花粉症を根本から治してしまうという方法が現在も研究されております。 既に実用段階に入っているものでは、減感作療法というものがあります。 これは、アレルギーの原因物質の濃度を薄めたものを注射し、徐々に高濃度のものを注入することで、体内の免疫機能の暴走を抑えるようにするのです。
花粉症のレーザー治療をしたその後の経過は?
花粉症の新しい治療法として、レーザー治療があります。この効果は永久的なものではないという点が欠点といえば欠点です。その後の状態は、個人により差はあるかと思いますが、1年〜3年で鼻粘膜は元の状態に戻ってしまいます。
トルマリンとは
トルマリンから生じるマイナスイオンによる効果であると考えられています。 これらは、トルマリンから発生されるマイナスイオンや遠赤外線、または有害な電磁波を吸い取ってくれるトルマリンの効果によるものと言われています。
危険な花粉症注射にご注意を
副腎皮質ステロイドという薬物を注射で投与するというもので花粉症が治るという効果は確認出来ているのですが、副作用が出やすい強い薬物を使用するという危険性もあるのです。
花粉症レーザー治療の料金と効果
レーザー治療とは、出力の弱いレーザー使い鼻の粘膜を焼却することで、アレルギー反応を起こす箇所を減らして花粉症の症状を軽減させるという治療方法です。
漢方で花粉症対策
稀に体質に合わない漢方を飲んでしまうと副作用が起きることもあるので注意が必要です。漢方を選ぶ際には自己判断ではなく、専門の人に相談するようにしましょう。
花粉症予防薬はいつから飲むか
花粉症予防薬はいつから飲むとベストなのでしょうか。花粉シーズン本格化になる前に予防のため、病院で診てもらうと「早めに飲み始めるようにしてください」と言われて薬を処方されたことありませんか?
花粉症治療のいろいろ
よく知られる治療法としてレーザー治療があります。方法は、鼻の粘膜をレーザーで除去し、アレルギーが起きる場を少なくします。療法に鼻にかかる時間は約30分ほどで、多くの人は痛みもなく効果があるそうです。 レーザー治療以外にも減感作で療法というのがあり、皮下注射であえてスギ花粉のエキスを体内に注入していく方法です。
耳鼻科での花粉症の治療代
「予約」「初診」「検査」「レーザー治療」「再診」という大掛かりな流れの治療が行われ、病院の予約状況によっては治療が終わるまでに2〜3ヶ月位かかってしまう場合もあります。 しかし、レーザー治療は保険が適用される「保険診療」なので、治療代は高くはありません。
花粉症の薬の副作用
花粉症の治療薬は数多くありますが、薬によって「副作用」も様々なのです。 花粉症の治療薬は服用することで「眠気」や「脱力感」といった症状が現れることで有名です。
耳鼻科に通院したときの薬代は?
当然のことながら健康保険が適用されますので、市販薬に比べても高くはなりません。
睡眠中の鼻づまりを治すのに診療料金はどのくらい
長期にわたって使用する場合、長い目でみたときには病院で処方された薬を使用する方が料金的には安上がりな場合もあります。