花粉症の予防と治療

花粉症レーザー治療はご存知ですか。レーザー治療というと目のレーシックが有名ですが、鼻にもレーザーを使うとは誰が考え出したのでしょう。花粉症レーザー手術は出力の弱いレーザーを使って、鼻内の粘膜を焼却するわけです。花粉症レーザー治療では焼いた焼が傷ついて、しばらくの間は鼻水がとまらなくなります。1、2週間してかさぶたが剥がれると、鼻のアレルギーを起こす所が減って、花粉症が軽減されます。花粉症レーザー手...

花粉症の治療はわざわざ医者にかかるまでもない場合は、甜茶や乳酸菌などのサプリメントを使ったり、薬局で薬を買うなどをするでしょう。薬局で購入する薬のメリットとして、効き目が早く出やすし、正しく服用すれば副作用が少ない、という点があります。しかし薬を2週間以上使っても、あまり症状が改善されない場合は、病院で花粉症の治療の相談をした方がよいでしょう。花粉症の治療は、薬の服用、注射、手術があります。薬は、...

花粉症は完治出来ないと言われますが、医学の進歩によって花粉症の治療も新たな局面に移ってきています。花粉を避けには原因植物が生えていない土地に引っ越せばよいわけですが、そういうことのできる人は少ないですね。ですから、現実としては、花粉に触れても症状が出ないようにどう対処すれば良いかということが大事ですね。その点で注目されているのが、DNAワクチン療法と減感作療法です。減感作療法は完治は出来ませんが、...

花粉症はつらいですが、手術は怖いし、薬はあまり使いたくない方が多いでしょう。そういう人も、ハーブやアロマのように薬とは違って効果があるものはどうですか?ハーブはやアロマは、薬品よりも自然で穏やかな作用をしますから、坑アレルギー薬のように副作用も少ないとされます。お部屋のフレグランスとしてなら、どなたでも使えます。ハーブは薬効成分を含んだ植物の総称で、花粉症の症状を軽減させますから日本でも盛んに栽培...

花粉症で使われる薬は、アレルギー反応を抑える効果が中心です。漢方は予防法に近い治療法であり、アレルギーが抑えられるよう体質改善を図りますが、西洋医学の薬は坑アレルギー薬に分類される事がほとんどです。坑アレルギー薬には坑ヒスタミン作用や、ケミカルメディエーター遊離抑制作用があり、花粉によって起こる様々な症状を抑えます。まず効き目が穏やかで評判の良い漢方薬を取り上げましょう。西洋医学による坑ヒスタミン...

花粉症を完全に消し去ることは決して難しいことではありません。正しい知識とやり方さえ知っていれば…花粉症とはアレルギー性鼻炎の原因物質がたまたま花粉だった場合は、花粉症と呼んでいるだけなんです。ですから、薬に頼らずに花粉症を根本的に治療する方法も同じです。アレルギー体質を抜本的に改善すればいいだけの話です。「花粉症の症状が出る」ということは、あなたの身体そのものに異常があるということなのです。私たち...

毎年あなたを苦しめれている花粉症ですが、花粉症を「目に見える症状」ばかりに目を向けていませんか。花粉症とはアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎の一種です。その諸症状、くしゃみ、鼻水、目の充血・かゆみ・・、それらを止めることばかり考えていませんか。そうだから、花粉の季節が過ぎ去ぎて花粉症の症状が治まれば花粉症のことはすっかり忘れてしまい、また花粉症の症状が出たら・・・いつも”即効的な対策”ばかりを探...

花粉症の症状が発生するのは鼻の粘膜ですね。この症状を抑えるためには抗ヒスタミン剤などを服用するなどの対症療法もありますが、実は鼻粘膜に対するレーザー手術で治療するという方法が最近注目を集めています。要するにアレルギー反応の舞台となって、炎症を引き起こす粘膜自体をなんとかしてまえという発想ですね。鼻粘膜に対してレーザー光線を当てて焼く。こういう手術です。焼いて大丈夫なんでしょうかね。こんがりと焼いて...

花粉症の治療には病院において行う外科的な治療法なども数多くでてきています。レーザー照射で鼻の粘膜を軽く焼いて、鼻つまりや鼻水などの症状を緩和させるレーザー療法などは比較的有名なものですね。また、レーザーではなくアルゴンガスを使った焼却治療法もあり、これは鼻水が大量に出ている場合に向いているとのことです。レーザーよりも広い範囲を焼くことができるので、治療にかかる時間も短くて済むようです。また粘膜に対...

アレルギーの代表選手といえば花粉症ですね。この花粉症。根本的に治すのが難しいとされています。ですので、まず花粉の侵入を防ぐ予防。それに症状が出たら対症療法しかありませんでした。しかし、医学は進歩しております。花粉症を根本から治してしまうという方法が現在も研究されております。まず、既に実用段階に入っているものでは、減感作療法というものがあります。これは、アレルギーの原因物質の濃度を薄めたものを注射し...

花粉症の新しい治療法として、レーザー治療があります。これは、アレルギー症状を起こす鼻粘膜をレーザーで焼いてしまうという治療法です。この治療法は、花粉シーズン前に医療機関などに問い合わせ、予約を取って開始することが必要です。完全に効果がでるのは治療が終わってその後しばらく時間がかかります。このレーザー治療は基本的には無痛で、ほぼ出血もないとされ、鼻づまりなどの症状にはかなり効果を発揮します。ただし、...

ケイ酸塩鉱物であるトルマリンは、18世紀頃から電気を発する不思議な鉱石として知られていました。 そのことから、トルマリンは和名として、「電気石」と呼ばれるようになりました。トルマリンは、「体力回復」「後遺症改善促進」「風邪予防」「手足の痺れ改善」「腰痛改善」「精力増強」「虚弱体質改善」「貧血症改善」「自律神経失調症改善」「精神安定」「メニエール症改善」「生理痛軽減」「頭痛解消」「血圧正常化」「花粉...

注射打てば一ヶ月近く花粉症のアレルギー症状が治るというような治療方法があります。 副腎皮質ステロイドという薬物を注射で投与するというもので花粉症が治るという効果は確認出来ているのですが、副作用が出やすい強い薬物を使用するという危険性もあるのです。長年この治療方法を受け続けてしまうと、糖尿病、高血圧等を併発してしまう可能性がありるので、良識のある医師は行いません。 他にも安全な花粉症の治療方法がある...

花粉症の治療方法として「レーザー治療」というものがあることをご存知でしょうか?レーザー治療とは、出力の弱いレーザー使い鼻の粘膜を焼却することで、アレルギー反応を起こす箇所を減らして花粉症の症状を軽減させるという治療方法です。花粉症のレーザー治療は、現在保険適応が認められているため、通常の医療機関なら料金も安く、両鼻で1万5000円程度で受けられるようです。平成14年4月の保険制度改正によって、レー...

花粉症で毎年悩まされると憂鬱になりますよね。漢方なんてどうですか?今年は去年の倍以上の花粉飛散量だと予測されているので特に嫌になるでしょう。少しでも症状を抑えたい、まだ発症していない人にとっては今年も症状を出さずに過ごしたいと思うのが当たり前だと思います。その為には自分なりの対策を練る必要がありますが、何かしていますか?サプリメント、対策グッズ、鼻洗浄機、マスク、ゴーグル、また病院に行くことや生活...

花粉症予防薬はいつから飲むとベストなのでしょうか。花粉シーズン本格化になる前に予防のため、病院で診てもらうと「早めに飲み始めるようにしてください」と言われて薬を処方されたことありませんか?その場では「はい」と言ってしまいがちですが、あとから「早めに…っていつから?」と思った事があるという人は少なくないかと思います。専門的な知識がない私たちにとっては薬を飲んでどのくらいの期間で効果があらわれるのか分...

花粉症治療にはいろいろな種類があります。知っているものや名前だけでも聞いたことがあるものが幾つかあるかもしれません。どのような治療法なのか、またどのくらい効果があるのかなども一緒に説明するので是非、これからの花粉症対策・改善の参考になれば…と思います。よく知られる治療法としてレーザー治療があります。方法は、鼻の粘膜をレーザーで除去し、アレルギーが起きる場を少なくします。療法に鼻にかかる時間は約30...

耳鼻科で花粉症対策で行われている「レーザー治療」。 レーザー治療は、花粉が付着する鼻の粘膜にレーザーを照射することで粘膜組織を熱傷した状態に変性させ、過剰なアレルギー反応を抑えるという治療方法です。「予約」「初診」「検査」「レーザー治療」「再診」という大掛かりな流れの治療が行われ、病院の予約状況によっては治療が終わるまでに2〜3ヶ月位かかってしまう場合もあります。 これだけ大掛かりだと治療代も高い...

薬の効果と副作用を理解することは、生きてゆくうえでとても重要です。 花粉症の治療薬は数多くありますが、薬によって「副作用」も様々なのです。花粉症の治療薬は服用することで「眠気」や「脱力感」といった症状が現れることで有名です。花粉症の治療薬として用いられることもある抗ヒスタミンも様々な副作用が出ることで知られています。 個人差はありますが、「眠気」「脱力感」「口の渇き」等が代表的です。抗ヒスタミン薬...

花粉症になっても、耳鼻科などの病院に通院せず、市販薬などで乗り切ろうとする人が、まだだま結構な数で存在します。その理由はやはり多忙であることが一番でしょう。そして、病院にかかることで薬代が高いのではないかということも理由になっているかもしれません。しかし、薬代に関しては、市販薬の方が高くつくことになるケースが多いともいえます。まず、市販薬の場合、そのくすりを飲みなれていて、自分に合っているというな...

睡眠中の鼻づまりは、非常にまずいことになります。まず、鼻で呼吸ができません。そうなると人間は口で呼吸するしかないわけです。その口呼吸がかなり厳しい。口で呼吸することで、口腔内の水分がどんどん蒸発します。更に睡眠中は唾液の分泌も抑えられた状態になっています。こうなるとのどの奥のまで感想が進むことになるわけです。その結果が、朝起きたときののどの痛みとなって、わが身を襲います。更に悪いのは、のどの繊毛運...