花粉症対策としての「ヨガ」

花粉症対策としての「ヨガ」

最近注目を集めている花粉症対策の一つとして「ヨガ」があります。 ヨガはアーサナで体の歪みを正し、プラーナーヤーマで精神的にリラックスする等の効果があります。

 

ヨガをすることで心に安らぎが与えられ、身体の免疫バランスが整います。 身体の免疫バランスは、花粉症によるアレルギー症状と密接に関係していて、ヨガを始めたことによって花粉症のアレルギー症状が大きく改善されたという事例が多く寄せられているのです。

 

ヨガを実践するうえで最も重要なのが、プラーナーヤーマという呼吸法です。 ヨガのポーズを一定に保っているときの基本となるプラーナーヤーマという呼吸法は、鼻から吸って口から吐き出す「腹式呼吸」です。

 

体の中に溜まっている悪いエネルギーを吐き出して、綺麗なエネルギーを空気と共に吸い込むという考え方は、様々な病気に有効な呼吸法「鼻呼吸」に通じるものがあります。

 

ヨガは、自宅や、スタジオ等、屋内で実践出来るので、運動不足の解消はもちろんのこと、花粉症対策になるというメリットもあります。

 

ちなみに、ヨガには鼻の浄化法として、食塩水によって鼻の中を洗浄する「ジャラ・ネーティ」というものがあります。 古来より行われているヨガの「ジャラ・ネーティ」は、鼻の粘膜を丈夫にし、花粉やホコリといったアレルギー物質の反応を抑えるとして継続的に行わ続けています。

 

最初は苦しく感じられますが、日頃から行うことで免疫力自体が高められていくので、習慣付けることが大切です。 こちらも花粉症対策になるというメリットもあります。

 

花粉症対策に「ヨガ」や「ジャラ・ネーティ」を取り入れたい場合は、ヨガの指導者、耳鼻科医師の指導のもと行って下さい。

関連ページ

アトピーの人は花粉症は避けましょう
花粉症とアトピーが合併すると最悪です。 アトピーでアレルギー性鼻炎(花粉症)があるのは40%弱もいます。
花粉症に甜茶はどう?
甜茶は臨床試験によって、アレルギーを抑制する働きがあることが立証されています。しかも、薬ではないですから副作用は無いのです
花粉症対策
花粉症になった時はもちろん、その前に予防で対策をすれば、くしゃみ・鼻水といった不快な症状をかなり抑えられます。
花粉症にはヨーグルトとポリフェノール
花粉症にはヨーグルトとポリフェノールが効くという話を耳にしたことがあるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌L-92株という種類の乳酸菌がいいようです。ポリフェノールは免疫力を強めてくれるので、花粉症の症状軽減が期待できます。
タウロミンとは
タウロミンという花粉症予防薬は、花粉症の他にも湿疹、皮膚炎、鼻炎等にも効果のある和漢生薬配合の抗ヒスタミン剤です。タウロミンは薬局やドラッグストア等で市販されていますので、わざわざ病院で診てもらってから処方してもらう必要がありません
花粉症アレルギー体質の改善法
慢性の花粉症アレルギー体質を改善する手段として簡単な方法があります。 それは、腸を穏やかに掃除するということです。
サージカルマスクとは
手術のような医療行為の際に用いるマスクをサージカルマスクと呼びます。 手術のような医療行為のことを「サージ」と呼ぶことから、サージカルマスクと呼ばれるようになりました。
花粉症対策にはファン式の空気清浄機を
花粉症対策として最近注目されている空気清浄機。 では、どのように空気清浄機を活用すれば、花粉症のアレルギー症状を抑えられるのでしょうか?
体質改善で花粉症を予防
体質改善は即効性は無いので長い目で見る必要があります。最低でも1カ月は続けるようにしましょう。
花粉症には鼻うがい
「鼻うがい」を対策としている方が少ないというのが分かります。鼻うがいを簡単に説明してしまうと、「鼻孔に水を通して鼻の中を洗浄する」ということです。