花粉症アレルギー体質の改善法

花粉症アレルギー体質の改善法

慢性の花粉症アレルギー体質というのは、脂肪分が多く含まれた食品、甘みが多く含まれた食品、塩分が多く含まれた食品、添加物が多く含まれた食品の食べ過ぎ等によって、体内に溜まった毒素を排出しようとする作用のことを言います。

 

この慢性の花粉症アレルギー体質を改善する手段として簡単な方法があります。 それは、腸を穏やかに掃除するということです。

 

約一週間、脂肪、甘いもの、乳製品、イースト発酵のパン、白米、小麦粉、豆腐等を控え、玄米、全粒粉、季節の野菜、暖かいスープ等を食事に取り入れるようにします。 これを心掛けて生活することで慢性の花粉症アレルギー体質は改善されてゆくでしょう。

 

これらの有効な食べ方とを紹介します。 野菜としては、カブ、大根、青ネギ、玉ネギ、椎茸等がオススメです。 カブ、大根、青ネギ、玉ネギ、椎茸等には身体の脂肪を溶かして身体を温める作用があるのです。

 

カブ、大根、青ネギ、玉ネギ、椎茸の中の2種類を毎日食べるように心掛けましょう。 また、食べる際は腸の負担を軽くするためにも、ゆっくり良く噛んで食べて下さい。 温かいスープに調理することで、より身体も温まります。

 

約一週間経過したら、食事に豆類を取り入れてゆきましょう。 出来れば1日に2度食べて下さい。 粘液を作り出してくれるナッツがオススメで、豆腐類は控えてましょう。

 

調味料は、塩分、スパイスを出来るだけ使わないで下さい。 生姜、ニンニク、梅干等を使うことで塩分が少なくても食事を楽しめます。

 

これらは自分の出来るペースで無理をしないで実行してゆくことが大切です。 たまには息抜きとして好物を食べても大丈夫です。 我慢してストレスを溜めては意味がありません。 続けることが大切なのです。

関連ページ

アトピーの人は花粉症は避けましょう
花粉症とアトピーが合併すると最悪です。 アトピーでアレルギー性鼻炎(花粉症)があるのは40%弱もいます。
花粉症に甜茶はどう?
甜茶は臨床試験によって、アレルギーを抑制する働きがあることが立証されています。しかも、薬ではないですから副作用は無いのです
花粉症対策
花粉症になった時はもちろん、その前に予防で対策をすれば、くしゃみ・鼻水といった不快な症状をかなり抑えられます。
花粉症にはヨーグルトとポリフェノール
花粉症にはヨーグルトとポリフェノールが効くという話を耳にしたことがあるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌L-92株という種類の乳酸菌がいいようです。ポリフェノールは免疫力を強めてくれるので、花粉症の症状軽減が期待できます。
タウロミンとは
タウロミンという花粉症予防薬は、花粉症の他にも湿疹、皮膚炎、鼻炎等にも効果のある和漢生薬配合の抗ヒスタミン剤です。タウロミンは薬局やドラッグストア等で市販されていますので、わざわざ病院で診てもらってから処方してもらう必要がありません
サージカルマスクとは
手術のような医療行為の際に用いるマスクをサージカルマスクと呼びます。 手術のような医療行為のことを「サージ」と呼ぶことから、サージカルマスクと呼ばれるようになりました。
花粉症対策としての「ヨガ」
ヨガはアーサナで体の歪みを正し、プラーナーヤーマで精神的にリラックスする等の効果があります。
花粉症対策にはファン式の空気清浄機を
花粉症対策として最近注目されている空気清浄機。 では、どのように空気清浄機を活用すれば、花粉症のアレルギー症状を抑えられるのでしょうか?
体質改善で花粉症を予防
体質改善は即効性は無いので長い目で見る必要があります。最低でも1カ月は続けるようにしましょう。
花粉症には鼻うがい
「鼻うがい」を対策としている方が少ないというのが分かります。鼻うがいを簡単に説明してしまうと、「鼻孔に水を通して鼻の中を洗浄する」ということです。