花粉症にはヨーグルトとポリフェノール

花粉症にはヨーグルトとポリフェノール

花粉症にはヨーグルトとポリフェノールが効くという話を耳にしたことがあるでしょう。

 

ヨーグルトは乳酸菌L-92株という種類の乳酸菌がいいようです。
花粉の人工曝露実験によって花粉症の症状緩和作用があると確認されたのです。

 

花粉症になると体内の免疫機能が乱れます。
アレルゲンを排除しようとして様々な症状が起こり、腸の働きが衰えてしまう場合もあり、ヨーグルトの整腸作用が働いて症状の改善に役立つとされます。

 

ヨーグルトは多くの乳酸菌が含まれていて、腸内環境を浄化して免疫機能も強化します。
ビフィズス菌やラクトバチルス菌などは免疫細胞のバランスを保つ働きがあるのです。

 

花粉症予防にヨーグルトを摂るのは、花粉シーズンの1ヵ月前には始めるのがポイントになりますから、即効性は期待できませんから毎日続けるようにしておきましょう。

 

 

ヨーグルトと同様に花粉症に良い働きがあるとして期待されているポリフェノールですからポリフェノールが含まれる物を積極的に食べるようにしましょう。
ポリフェノールは免疫力を強めてくれるので、花粉症の症状軽減が期待できます。

 

花粉症は欧米化といわれる油や肉、糖分の多いメニューはアレルギー反応を促進してしまいます。症状を緩和するには魚と野菜が中心の和食が最適で、その際にポリフェノールが豊富な大根、ニンジン、シソ、ホウレンソウ、サツマイモ、トマトなどを多く使うようにしてみましょう。

 

ポリフェノールは、緑茶やウーロン茶などのお茶にも含まれ、とくに甜茶はおすすめで花粉症が気になる時期には、花粉が飛び始める2〜3週間前から飲む始めると効果的のようです。
また赤ワインは特に多くポリフェノールが含まれていて、アルコールを楽しむなら、花粉症予防の為に赤ワインを選んでも良いでしょう。

 

 

ポリフェノールの種類はたくさんあって、カテキン、タンニンにイソフラボンなどもそうで、どれも健康保持効果のある物として知られています。

 

 

ヨーグルトとポリフェノールで、花粉症を恐れることなく春を過ごしたいですね。

関連ページ

アトピーの人は花粉症は避けましょう
花粉症とアトピーが合併すると最悪です。 アトピーでアレルギー性鼻炎(花粉症)があるのは40%弱もいます。
花粉症に甜茶はどう?
甜茶は臨床試験によって、アレルギーを抑制する働きがあることが立証されています。しかも、薬ではないですから副作用は無いのです
花粉症対策
花粉症になった時はもちろん、その前に予防で対策をすれば、くしゃみ・鼻水といった不快な症状をかなり抑えられます。
タウロミンとは
タウロミンという花粉症予防薬は、花粉症の他にも湿疹、皮膚炎、鼻炎等にも効果のある和漢生薬配合の抗ヒスタミン剤です。タウロミンは薬局やドラッグストア等で市販されていますので、わざわざ病院で診てもらってから処方してもらう必要がありません
花粉症アレルギー体質の改善法
慢性の花粉症アレルギー体質を改善する手段として簡単な方法があります。 それは、腸を穏やかに掃除するということです。
サージカルマスクとは
手術のような医療行為の際に用いるマスクをサージカルマスクと呼びます。 手術のような医療行為のことを「サージ」と呼ぶことから、サージカルマスクと呼ばれるようになりました。
花粉症対策としての「ヨガ」
ヨガはアーサナで体の歪みを正し、プラーナーヤーマで精神的にリラックスする等の効果があります。
花粉症対策にはファン式の空気清浄機を
花粉症対策として最近注目されている空気清浄機。 では、どのように空気清浄機を活用すれば、花粉症のアレルギー症状を抑えられるのでしょうか?
体質改善で花粉症を予防
体質改善は即効性は無いので長い目で見る必要があります。最低でも1カ月は続けるようにしましょう。
花粉症には鼻うがい
「鼻うがい」を対策としている方が少ないというのが分かります。鼻うがいを簡単に説明してしまうと、「鼻孔に水を通して鼻の中を洗浄する」ということです。