花粉症対策

花粉症対策

花粉症になった時はもちろん、その前に予防で対策をすれば、くしゃみ・鼻水といった不快な症状をかなり抑えられます。

 

まず花粉を恐れるよりも大事ですが、身体を健康にしておくのも大切です。ですから、食事面での花粉症対策をしておきましょう。

 

花粉症はアレルギーですが、食べ物によってはアレルギーが強く出る物つまり抗体を増やすような食事があります。食の欧米化といわれるように、油、肉をたくさん食べたり、ケーキなどの甘い物、卵、パンが花粉症を加速するとされます。

 

また、インスタント食品も取り続けるとアレルギーが強く出る傾向が強まりますから、適量食べるようにします。

 

 

逆に和食中心で、魚と野菜をバランス良く食べることが花粉症の症状を低減させてる食事とされます。

 

魚には健康維持にも高い効果を持つα-リノレン酸やDHAが豊富であり、この成分はアレルギー反応の抑制効果があるとして話題の栄養素です。
野菜には身体機能を整えるビタミン・ミネラルが豊富ですから、積極的に食べるようにメニューを工夫します。

 

 

 

それと花粉症対策で最も重要とされるのがそもそも花粉に触れないことです。

 

外出の際の服装は花粉が付かないような素材を使ったシャツやジャケット、髪に付くのを防ぐ帽子などがたくさん販売されています。

 

花粉症で目がかゆくなるなどの方はメガネを、それもゴーグルのようにすっぽり包み込む物が効果が高いです。ファッション性も高くて花粉症メガネとは思えないようなタイプのメガネもあります。

 

マスクも、風邪用よりも繊維が細かくて、花粉をシャットアウトするタイプや、口の周りと空間を作ってフィットした苦しさをなくしたタイプが人気です。

 

 

また室内に入るときに花粉も持ち込まないように、花粉が付き難い素材の服や帽子を着たりします。洋服などは表面がつるつるして、縫い目や切り替えの少ない、出来るだけシンプルなシルエットの服がおすすめです。

 

花粉症では家の中に花粉を持ち込まないようするのも重要で、玄関には洋服ブラシをおいておき外出先から帰った時は花粉をしっかり払い落とします。

 

 

それでも外出を避けていても、花粉は窓やドアの隙間から入り込み、部屋の中に進入してきます。ですから花粉を巻き上げる掃除機よりも、雑巾やモップを使っての拭き掃除で丁寧に花粉を追い払います。

 

 

他にも、花粉飛散情報は必ずチェックするようにし、花粉症対策を常に忘れないようにしましょう。

関連ページ

アトピーの人は花粉症は避けましょう
花粉症とアトピーが合併すると最悪です。 アトピーでアレルギー性鼻炎(花粉症)があるのは40%弱もいます。
花粉症に甜茶はどう?
甜茶は臨床試験によって、アレルギーを抑制する働きがあることが立証されています。しかも、薬ではないですから副作用は無いのです
花粉症にはヨーグルトとポリフェノール
花粉症にはヨーグルトとポリフェノールが効くという話を耳にしたことがあるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌L-92株という種類の乳酸菌がいいようです。ポリフェノールは免疫力を強めてくれるので、花粉症の症状軽減が期待できます。
タウロミンとは
タウロミンという花粉症予防薬は、花粉症の他にも湿疹、皮膚炎、鼻炎等にも効果のある和漢生薬配合の抗ヒスタミン剤です。タウロミンは薬局やドラッグストア等で市販されていますので、わざわざ病院で診てもらってから処方してもらう必要がありません
花粉症アレルギー体質の改善法
慢性の花粉症アレルギー体質を改善する手段として簡単な方法があります。 それは、腸を穏やかに掃除するということです。
サージカルマスクとは
手術のような医療行為の際に用いるマスクをサージカルマスクと呼びます。 手術のような医療行為のことを「サージ」と呼ぶことから、サージカルマスクと呼ばれるようになりました。
花粉症対策としての「ヨガ」
ヨガはアーサナで体の歪みを正し、プラーナーヤーマで精神的にリラックスする等の効果があります。
花粉症対策にはファン式の空気清浄機を
花粉症対策として最近注目されている空気清浄機。 では、どのように空気清浄機を活用すれば、花粉症のアレルギー症状を抑えられるのでしょうか?
体質改善で花粉症を予防
体質改善は即効性は無いので長い目で見る必要があります。最低でも1カ月は続けるようにしましょう。
花粉症には鼻うがい
「鼻うがい」を対策としている方が少ないというのが分かります。鼻うがいを簡単に説明してしまうと、「鼻孔に水を通して鼻の中を洗浄する」ということです。