アトピーの人は花粉症は避けましょう

アトピーの人は花粉症は避けましょう

花粉症は2月に入ると、TVでも花粉前線などで注意を呼びかけていますね。
一番多いスギ花粉症が、2月から本格化しますからアトピーの人はとくに気をつけましょう。

 

花粉症とはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状のことですが、アトピーもアレルギーの病気ですから、この2つが合併すると最悪です。
アトピーでアレルギー性鼻炎(花粉症)があるのは40%弱で、また逆にスギ花粉による花粉症のうち13%はアトピーを合併しています。ですからアトピーと花粉症は密接な関係があります。

 

アトピーの方は、アレルギーマーチを避けるためにも花粉症にならないように、外出の際はマスクをし、帰宅したら玄関前で花粉を払い落としましょう。家に入ったら眉毛やまつ毛にもついている花粉を洗顔し、うがいも必ずしましょう。
アレルギーマーチとはアトピー素因のある人に、アレルギー性疾患が次から次へと発症してくるようすいいます。できれば避けたいですね。

 

アトピー性皮膚炎体質の人は一般に皮膚が弱いですから、子供の頃におむつかぶれを、大人になってからは化粧品での皮膚炎を経験していませんか。
昔は成人すれば自然治癒すると考えられていましたが、この頃は成人まで持ち越す例も増えています。これは環境が変化したことが要因だと思います。
ですから、花粉症にならないように、花粉に触れないようにするのがアトピーをアレルギーマーチにしないためにもいいのです。

 

アトピーの人にも花粉症を避ける方法として、可能なら特にお勧めなのは疎開です。つまり、アレルゲンがない場所、国内ならスギがない沖縄県や北海道へ、それも短期より中期の旅行にいくのがいいですね。もし、親戚がいれば是非お勧めしますね。

関連ページ

花粉症に甜茶はどう?
甜茶は臨床試験によって、アレルギーを抑制する働きがあることが立証されています。しかも、薬ではないですから副作用は無いのです
花粉症対策
花粉症になった時はもちろん、その前に予防で対策をすれば、くしゃみ・鼻水といった不快な症状をかなり抑えられます。
花粉症にはヨーグルトとポリフェノール
花粉症にはヨーグルトとポリフェノールが効くという話を耳にしたことがあるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌L-92株という種類の乳酸菌がいいようです。ポリフェノールは免疫力を強めてくれるので、花粉症の症状軽減が期待できます。
タウロミンとは
タウロミンという花粉症予防薬は、花粉症の他にも湿疹、皮膚炎、鼻炎等にも効果のある和漢生薬配合の抗ヒスタミン剤です。タウロミンは薬局やドラッグストア等で市販されていますので、わざわざ病院で診てもらってから処方してもらう必要がありません
花粉症アレルギー体質の改善法
慢性の花粉症アレルギー体質を改善する手段として簡単な方法があります。 それは、腸を穏やかに掃除するということです。
サージカルマスクとは
手術のような医療行為の際に用いるマスクをサージカルマスクと呼びます。 手術のような医療行為のことを「サージ」と呼ぶことから、サージカルマスクと呼ばれるようになりました。
花粉症対策としての「ヨガ」
ヨガはアーサナで体の歪みを正し、プラーナーヤーマで精神的にリラックスする等の効果があります。
花粉症対策にはファン式の空気清浄機を
花粉症対策として最近注目されている空気清浄機。 では、どのように空気清浄機を活用すれば、花粉症のアレルギー症状を抑えられるのでしょうか?
体質改善で花粉症を予防
体質改善は即効性は無いので長い目で見る必要があります。最低でも1カ月は続けるようにしましょう。
花粉症には鼻うがい
「鼻うがい」を対策としている方が少ないというのが分かります。鼻うがいを簡単に説明してしまうと、「鼻孔に水を通して鼻の中を洗浄する」ということです。