花粉症の予防と治療

花粉症は、虫歯や近視ほどではないければ国民病と言われるほど流行っています。花粉が飛び出す2月頃から町をあるけば、10人に1人や2人はマスクをしていませんか?その人達は、花粉症になったら、あるいは予防をしているのです。調査によりますが、少なくて10%、多い調査では20%の人が花粉症だとのことです。それも、私も、花粉症になりましたで書いたように、今は症状が出なくても、ある年から発症することは多くありま...

花粉症患者の数は、日本ではおよそ2000万人と推測されています。つまり、全国民の15%から20%の割合で花粉症患者がいることを表しています。しかも、近い将来には、患者数は40%以上にまで増えるとの予測結果が出されており、国民病となっていくでしょう。ディーゼル車の排気ガスなど大気汚染がアレルギーに与える影響は深刻なものがあります。ですから都市部などでは花粉症患者も多いですから、患者数を減らすには排気...

花粉症は遺伝するのでしょうか、また環境で発症するものでしょうか?両親が花粉症になっている場合は、花粉症の遺伝があると考えるのは自然なことです。残念ながらアレルギーを起こしやすい体質というのは遺伝するとされていますから、今はまだ花粉症の症状がなくとも、遺伝的体質は伝わっていますから、いつか何かのきっかけで発症することもあります。けれども必ずしま花粉症になるとは限りません。個人の遺伝した体質だけでなく...

花粉症と言えば目の痒みと鼻水や鼻詰まりが代表的な症状ですね。花粉症で、目がゴロゴロするとか目の痒みは非常に多くの方に見られ、鼻水か鼻詰まりはどちらかは必ずといっていいほどの方がなりますね。眼の場合は常に湿り気を帯びた器官ですから、花粉を集めやすいがために症状の起こるのでしょう。主な症状は、痒み、目の充血、目やにや目の違和感などで、花粉症による目の症状は結膜花粉症とも呼ばれ、花粉を防ぐにはゴーグルが...

花粉症はのども痛めたり、耳の異常を感じる方もいます。のどの場合は炎症を起こすのはよくありますが、耳の場合は外耳炎というとかなり気をつけないといけません。では、まずのどの場合ですが、鼻詰まりで鼻呼吸が出来なくなったり口呼吸をしているとのどに影響が出ます。始めのうちは、口の中が乾いたり、物を飲み込む時に引っかかる感じしたりしますが、それが続くと炎症を起こしてしまいます。それと、花粉を含んだ鼻水を飲み込...

花粉症はどのような歴史を辿って寄生虫が関係があるのでしょうか?花粉症の歴史は明確な記録は、1565年から始まります。その頃は、バラの匂いをかいで頭痛が起こったり、くしゃみをしたというイタリア医師の記録があります。はっきりとした花粉症は、19世紀始めの英国で牧草を扱う人々の間に「Hay fever」と呼ばれるアレルギー症状が見られました。鼻水・咳などの夏風邪にも見えた「Hay fever」は、イネ科...

花粉症の人は、インフルエンザに罹る可能性も高いのです。これは、どういうメカニズムかといいますと、花粉症に御馴染みの症状である「鼻づまり」がそもそもの元凶。この鼻づまりにより口呼吸するようになり、口呼吸は、のどを乾燥させる。のどの乾燥は、気管の繊毛運動を不活発にしてしまうのです。この繊毛運動というのは、気管にある細かい毛が外へ外へと異物を排除しようとする動き。この機能はのどが乾燥していると、機能が低...

なんとなくイメージでは、地上よりも地下の方が、花粉は入ってこないようで安全な気もしますところが、大量の人が地上と地下を出入りする地下鉄などは、むしろ地上よりも花粉の飛散状況が酷いことになっている場合があります。どんなに軽い花粉であっても、空気より重いわけですからいずれは下へ下がっていきます。また、人間着ている服にも花粉は大量についているわけですね。首都圏の地下鉄の駅などは本当に多くの人で混雑してい...

花粉温度とは聞いたことがありますか?これは、2011年から開かれたサイト「花粉なう」http://www.kafun-now.com/index.html で表示されています。1月1日から、毎日の最高気温を累積していきます。そうして、その累積した温度を花粉温度といって、それが400度を越えると花粉が飛散を開始して、480度を越えると本格飛散をするのだそうです。ですから、花粉温度を見れば、いつから花...

関東周辺では、5月を過ぎると花粉症とは無縁になるというイメージがあります。プロ野球ソフトバンク秋山監督は、現役時代には、「ミスター・メイ」と呼ばれておりました。これは彼が重度の花粉症で春先は調子が出ず、スギ花粉症がピークを過ぎる5月以降に大活躍をするということからきたものです。このように一般には「スギ花粉症=花粉症」というイメージが大きいため、5月はなぜか安全地帯に入ったみたいな感じがありますね。...

基本的に雨の日は花粉症の人にとっては少しホッとする日です。まず花粉がそれほど飛散しません。雨の中をつっきって飛んでくるような根性のある花粉はありませんので。まあ、そんな花粉があったら花粉症の人にとっては勘弁して欲しいものですが。雨の日のいいことは、飛散して道路など舗装されたところに落ちた花粉が洗い流されるということもあります。これが土の上なら、晴れていても湿り気などでそうそう簡単に飛散しないのです...

そもそも、なんでこんなにスギ花粉が、日本にだけ増えたのでしょう。欧米などでは他の植物を原因とする花粉症はありますが、スギ花粉症がこれだけ突出して発生しているのは日本くらいなものです。世界の三大花粉症の一つということですが、その一つを日本だけでまかなっているようなものですね。これには、まずスギを大量に植林してしまったという政策上のミスがあります。まあ、当時はスギで花粉症がこれほどまでに発生するとは、...

この季節になりますと、製薬会社各社とも、花粉症のための薬の広告をバンバンうってきますね。TVCMを始め、電車社内の中つり広告でも目立ってきます。最近見ました花粉症の薬の広告では、エーザイ株式会社のTVCMが中々秀逸でした。エーザイ株式会社が発売した製品は、「クリスタルヴェール」、「スカイナーAL錠」という2つですね。両方とも花粉症対策の薬なのですが、「クリスタルヴェール」の方は鼻の周りに塗る塗り薬...

IgE抗体とは、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、涙目、目の痒み等の花粉症のアレルギー症状を引き起こす原因となる物質です。本来IgE抗体というのは身体を守るために作られる物質なのですが、花粉のようなアレルギーを起こす抗原との接触を繰り返すうちに体内にIgE抗体が蓄積され、これが一定の量を超えると、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、涙目、目の痒み等のアレルギー症状が現れます。このように花粉症は、先天的なものではなく...

花粉症もアレルギー症状の代表的な病気です。アレレルギー原因となる物質は日本では50〜60種類以上といわれる植物の花粉です。この花粉が飛散する季節に、アレルギー症状が現れるというものです。日本のおける花粉症はスギ花粉症が代表的なものですが、スギの植生のない地方などではブタクサなどによる花粉アレルギー患者も多く見られます。この花粉症が増加した原因は様々な要因があり、国の植林政策により、スギが増えすぎて...

花粉症による代表的な症状に鼻つまりがあります。この鼻づまりをそのままにして寝ると、翌朝喉が痛くてたまらなくなったりします。普通花粉症の代表的な症状は鼻つまり、鼻水、くしゃみ、目の痛みなどですが、この鼻つまりが原因となって、喉の粘膜まで痛めてしまうということがありますので注意が必要です。鼻が詰まっている人は口呼吸をします。まだ起きているときは唾液の分泌があったり、口が渇いたという自覚がありますので、...

花粉症の代表的な症状としては鼻汁が止まらないというものがあります。本当にティッシュの消費量が多くなり困った物です。しまいには鼻のかみすぎで、鼻のあたまが真っ赤になったりします。しかし、こうなる前にしっかりと鼻汁対策を行っておきましょう。特に昼間はまだいいのですが、寝るまでは鼻汁をズルズルさせていると、よく寝付けない上に、寝た後もよくないことになります。起きているときはまだ、鼻をかんだりできますが、...

花粉症の症状としては、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、喉の痛み、など、一見風邪の症状と似ています。また風邪がはやるシーズンとも重なりますので、風邪なのか花粉症なのか見分けることも大切です。花粉症になったかな?と思っても、まずそれは本当に花粉症かどうか、しっかりと確認しましょう。まず、花粉症と風邪の鼻水の出方が違います。鼻水が止まらないので、「自分もとうとう花粉症になったかな?」と思うのは早計です。その鼻...

よくCMで目にするかぜ薬の「コンタック」。キャラクターとなっているカプセルMr.コンタックが出演しているのが印象的です。発売元は、グラクソ スミス クライン株式会社なのですが聞いたことありますか?医薬品、ヘルスケア企業で数々の商品を世に送り出している事で有名です。コンタックをはじめ、歯磨き粉のアクアフレッシュ、薬用シュミテクト、入れ歯洗浄のポリグリップ/ポリデントなどがあげられます。ホームページ上...

今年の花粉飛散量は去年の倍以上だと既に予測されています。今から憂鬱な人も多いのではないでしょうか。少しでも症状を抑えたいと思うのは当たり前なことですよね。ではあなたは花粉症対策として何かしていますか?きっと花粉症を発症していない人は、危機感がない為何もしていないという人が多いかと思います。しかし前文にも書きましたが、今年の花粉飛散量は去年の倍以上です。もしかしたら今年、花粉症を発症するかもしれない...

IgG抗体とは、全抗体の8割以上を占めるリンパ球から作られる免疫抗体の一つです。 IgG抗体には、「IgG1(65%)」「IgG2(25%)」「IgG3(7%)」「IgG4(3%)」の4つのサブタイプが存在していて、抗原と結合することで、オプソニン化作用、補体活性化作用、中和作用、凝集沈降作用等により抗原を処理します。 ちなみに、IgG2は補体活性化能が低く、IgG4は活性化能を持ちません。IgE...

花粉症の人が1月過ぎ始めると気になるのが「杉花粉いつごろから飛ぶのか?」と「どのくらいの量が飛ぶのか?」ということでしょう。関東の場合、通常の季節であれば2月の終わりくらいからぼちぼち飛散が始まるとことになります。これもその年の気温の変化によって、「杉花粉いつごろから飛ぶのか?」と「どのくらいの量が飛ぶのか?」は変わってくるので、日々のニュースのチェック、ネット情報などのチェックはかかせないものに...