花粉症の予防と治療


花粉症かな?と思いませんか?くしゃみだけだったり、鼻水だけなら風邪かも。でも何日も続くと、花粉症を疑いますね。くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、そして目がかゆくなるのが典型的な花粉症の症状です。

現在の日本で少ない数字では15%以上、アンケートなどでは40%という人が花粉症だと言われています。あなたの学校や職場、あるいはご近所ではどうですか?

花粉症というとスギ花粉が日本ではもっとも知られていますが、実は秋の花粉症も風邪と間違われやすいがけっこういるのです。つまりスギ以外でもヒノキ、ヒメガマ、カシなど、いろいろな植物の花粉が原因になります。

東京ガス都市生活研究所の調査では花粉症の男女979人の人で症状が出るのが9〜11月という人が30.3%もいたといいます。ですから、あなたも秋にも症状が出たのならば、秋の花粉症も考えて、つまり花粉症は一年中、気をつけなくてはなりません。

花粉症をかからないためには、生活から花粉をできるだけシャットアウトすることが肝心です。たとえばアトピーの人は花粉症は避けましょうなどにあるようなことを考慮しましょう。

もちろん、すべて健康について言われる、まずは 身体が健康であること、十分な免疫力があること、ストレスを少なくするなどのことは欠かせません。
しかし、不幸にも花粉症になったのならば、薬や注射もありますが、ヨーグルト・甜茶・レンコンなど効果的な食べ物を摂るのもお勧めです。